MENU
みのり動物病院 > ペット漢方つれづれ > 当院の漢方治療の費用について

ブログ

当院の漢方治療の費用について

2021.12.10

漢方治療の費用について飼い主様からの問い合わせも多く、ご理解の上で受診していただきたいのでブログで記載させていただきます。

 

~漢方初診~

漢方初診相談料:2200~5500円(相談時間と内容)。

漢方初診解析料:0~3300円(病態の解析時間)。

病状が複雑で難解な場合は、辛い症状を早く改善し命を助けるために、事前に初診問診票と検査データを送っていただき、西洋病態と東洋病態の両方からの解析を30分~3時間位かけて行うため(来院前にすでに診察を始めています)高額になります。来院時には主に舌診と脈診で診断を確定して漢方薬をスムーズにお渡しできるようなシステムにしています。

漢方処方料:1100~2200円。生薬の特徴を活かし量・種類をよく考慮して、エキス剤や煎じ薬を調合しています。

漢方薬料:錠剤・粉は、種類数(大体1~3種類)と体重により1日110円~。詳細は<HPの漢方診療の流れ>をご覧下さい。

以上、漢方初診では西洋検査がなければ、初診解析相談料2200~8800円+処方料1100~2200円+漢方薬料となります。

 

~漢方再診~

漢方再診相談料:2200円。

漢方再診解析料:0~1100円(他院の検査データ解析)。

漢方処方料:1100~2200円。生薬の特徴を活かし量・種類をよく考慮して、エキス剤や煎じ薬を調合しています。

漢方薬料:錠剤・粉は、種類数(大体1~3種類)と体重により1日110円~。詳細は<HPの漢方診療の流れ>をご覧下さい。

以上、漢方再診では西洋検査がなければ、再診解析相談料2200~3300円+処方料1100~2200円+漢方薬料となります。

 

~漢方治療の長期的な費用~

長期的に継続された場合には、大体1ヶ月毎の診察のため再診相談料と処方料も月1回のみになり、犬猫の漢方治療(再診解析相談料+処方料+漢方薬1~3種類)の1ヶ月分は~3kgで大体6600~15400円、3~10kgで大体8250~20350円、10~20kgで大体9900~25300円になります。煎じ薬は、処方と調合に時間を要するため(1ヶ月分の調合時間は1時間以上)高額になります。

 

直腸透析の費用は、<直腸透析のQ&A>をご覧下さい。

 

いかがでしょうか?

当院のほぼ全ての漢方薬(煎じ薬も含めて)は医療用で保険適用になるので半額以下支払いの方も多いです。

初診までは時間と労力を要するため費用が高めになりますが、再診以降は時間も短く費用もそれほど高くなりません

また全身的な多くの症状に対して1~3種類の漢方薬や1つの煎じ薬で、当院の漢方治療の尿毒症末期を除いた8~9割のペットは病状改善していますので、西洋検査や西洋薬の減少(基本的にサプリメントは不要になります)が可能で様々な治療法も併用しなくて済むことも多いです。

体質改善も行うので病気予防にもなり、結構経済的に思えるのですが。。。

当院について

みのり動物病院

〒582-0019
大阪府柏原市平野1-12-15
ハイマートまつもと1F
tel/fax:072-972-2100
月火木金 9:00-12:00 / 16:00-19:30
水土 9:00-12:00
休診日 水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
ページトップへ