MENU
みのり動物病院 > 鍼灸治療

鍼灸治療

ペットの心と体を軽やかにする
鍼灸治療

鍼灸治療の一般的な特徴

  • 体の表面から内臓まで全身に張り巡らされている経絡と経穴=ツボ(鉄道に例えると経絡が線路で経穴が駅)における気・血の流れを鍼やお灸の刺激で改善して病気を治します。
  • 鍼の太さや長さにはいくつかの種類があり、また、お灸に用いる艾(もぐさ)にもキメの粗いものと細かいものがあり、どちらも病気の状態により使い分けています。

当院の鍼灸治療

  • 病で苦しむペットにそれ以上苦痛を与えないよう、少しでも楽に気持ちも晴れやかになるような鍼灸治療を目指しています。
  • 細めの鍼と刺す深さの調整による痛みの伴わない鍼治療と、艾(もぐさ)を直接皮膚には置かないことによりやけどを防いでじっくりと効果をきかせる灸治療で、ペットもおとなしくしています。
  • 弁証論治(中医学の診断治療方法。舌・脈・問診・臭い・音などの状態を見て、病気の本質や変化していく病状をとらえ、治療方針を決定する)を行うことで、運動器系や神経系以外の全身の病気にも、オーダーメイドでより細やかに体質に合った経穴を選定して鍼灸治療を行います。
  • 中医学と西洋医学の検査方法を併用して体全体の状態を総合的に診断し、鍼灸治療とともに必要に応じて漢方・薬膳など中医学的治療と西洋医学的治療を並行して行います。

病で苦しむペットにそれ以上苦痛を与えないよう、
少しでも楽に、気持ちも晴れやかになるような
診療を目指しています。

鍼灸治療は基本的には、

予約制となっております

主な担当獣医師:のりお獣医師

詳しくは、診察の流れをご覧ください。

診療の流れはこちら