MENU

みのり動物病院

「苦しむ命を救いたい」という想いから
漢方外来のある
中西結合の動物病院になりました。

お知らせ

2018.11.27 お知らせ

年末年始のお休みは、12月30日(日)〜1月4日(金)です。

2018.11.27 お知らせ

よしみ獣医師が6月に発表した一般講演が大会長賞に選ばれ、11月11日に「弁証論治を用いたステロイド離脱回復の漢方治療」の特別講演をしました。
詳細は学術発表実績ブログをご覧ください。

2018.08.10 お知らせ

9月から水曜日午後は病院全体が休診となります。

「苦しむ命を救いたい」

中国医学X西洋医学

猫の親子

みのり動物病院は中西結合の動物病院で、
他院との連携治療も行っています。

西洋医学的思考の強い現代の日本の医療では、様々な弊害が生じています。
日本の人・動物の医療では、西洋医学の発展に伴い、素晴らしい治療結果が出るようになりました。その陰で、西洋薬の慢性的な服用による副作用の発現、高齢や体が弱っている状態での強い薬物治療や手術後の体調悪化、西洋治療の限界による治療放棄など、様々な問題が浮き彫りになってきています。

当院では、中医学(数千年に及ぶ中国伝統医学)を本格的に学び、自然の流れに沿った形で全身から病気をとらえ、中医学単独あるいは西洋医学と併用した治療を行っています。これらは西洋医学治療のみによる問題を解決に導き、ペットや飼い主さんの苦しむ体や心を含む命を救うことができると確信しています。

漢方外来では、中医師(中国の医師)・漢方専門医(日本の医師)・薬剤師から、10年以上中医学を学び続け、上海中医薬大学付属日本校で国際中医師(A級)ライセンスを取得した獣医師が、熱い想いで苦しむ命に真剣に向き合い診察をさせていただいています。

現在の治療方法に限界を感じられている飼い主様とペットたちの命を守り、健康寿命を伸ばして年老いても元気で食欲を保ち、また不治の病でも体や心の苦しみを和らげるお手伝いをさせていただきたいと思います。

なお、かかりつけの西洋医療の動物病院に通院しながら当院での中医学医療を併用し、副作用の強い西洋薬(ステロイド剤、免疫抑制剤など)をやめることも可能です。

学会等の学術発表実績一覧

当院について

〒582-0019
大阪府柏原市平野1-12-15 ハイマートまつもと1F
TEL&FAX:072-972-2100
※※病院の前に駐車場がございます
・近鉄「法善駅」駅より徒歩5分
・JR「柏原」駅より徒歩15分
月火木金 9:00-12:00 / 16:00-19:30
水土 9:00-12:00
休診日 水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
日/祝
9:00-12:00 ×
16:00-19:30 × × ×
ページトップへ