MENU
みのり動物病院 > 学術発表実績 > 猫の尿毒症に古典的中医学の煎じ薬を用いた浣腸透析

猫の尿毒症に古典的中医学の煎じ薬を用いた浣腸透析

学会等の学術発表実績

「猫の尿毒症に古典的中医学の煎じ薬を用いた浣腸透析」

第59回比較統合医療学会 2017.7.23
慢性腎臓病から重度の尿毒症を呈して瀕死の高齢猫に、漢方薬の煎じ薬を作り経腸投薬(中国で2000年前から行われている浣腸方法)を行うことで回復し、ステージ4(CRE5~6.3)の末期腎不全の状態で、尿正常、貧血改善、食欲元気正常、体重増加を約9か月間維持できた症例発表をしました。

「浣腸透析」の良さは、尿毒症での解毒効果が高い、内服拒否でも投薬できる。また、動物の維持透析として困難な人工透析と比較すると、「浣腸透析」は、安価、通院・装置・手術不要、週1~2回の10分の短時間保定、合併症・副作用がない、心腎機能回復、腎性貧血の改善、食欲元気を保つ、水分・電解質の代謝バランスをとるので皮下点滴も不要~少量、慢性腎臓病の早期から投薬できる、人工透析と併用できる特徴があります。

現在では、犬の尿毒症でも経腸投薬による「浣腸透析」を行っています。
▲ 週1、2回の10分間の浣腸治療で、太って元気になりました!

学会等の学術発表実績一覧

ページトップへ