MENU
みのり動物病院 > 症例紹介 > 犬(ボンちゃん)の椎間板ヘルニアへの鍼灸治療

ブログ

犬(ボンちゃん)の椎間板ヘルニアへの鍼灸治療

2020.09.13

犬 ミニチュアダックス 11才 男の子

椎間板ヘルニアを発症したボンちゃんは、他院にてステロイド治療を止めると、後肢の足取りがまた悪くなってきたので、当院を受診されました。

少し水太りタイプの子なので、足腰の調整と全身の水の代謝を促すよう鍼灸治療を行いました。

1ヶ月ほどでほぼ回復し、その後もほとんど発症することなく、1年近くたった今も元気に過ごしています。

いつも飼い主さんにべったりの甘えん坊のボンちゃんです。

これからも月1回ぐらいのペースで定期的に来院し、いつまでも元気に歩けるようケアしてあげたいと思います。

 

 

 

 

 

ページトップへ