MENU

ブログ

難病に向き合う

2020.05.14

漢方治療は効くのですか?

よく質問されます。

答えは、効きます。

なぜなら、300年前までの3000年間は、全科対応の内科薬=漢方薬だったのですから。

ただし、西洋医学のエビデンスのみにこだわった漢方治療を行うと、十分に効果が出ない、副作用が出ることがあります。

 

漢方治療は、効果が出るのに時間がかかるのですか?

答えは、病気の経過により、効果が早く出る場合と遅い場合があります。

日本では西洋治療を長期間受けて複雑な慢性疾患になってから漢方治療を希望されるので、時間を要することが多い印象です。

花粉症の小青竜湯や風邪ひき始めの葛根湯など、短期間の急性症状は早く治ります。

 

漢方治療はなぜ難病を治すことができるのですか?

それは、西洋医学の難病であっても、病気の捉え方が異なる漢方を含む東洋医学では難病とは限らないからです。

簡単な解説をすると、西洋医学は体の一部分を集中して治すのが得意、東洋医学は体全体のバランス調整をして治す

のが得意です。

どのように難病を治すのかは、私の漢方治療方法を参考にご覧下さい。

 

2020.5.5

ページトップへ